ミラージュデックDVD

型番 FN-274
販売価格 1,000円(税込1,100円)
購入数

有名なトリックデックを徹底解説するシリーズ!単に仕掛けや手順を解説するだけでなく、プロが実践で演じてきたノウハウを全て解説!!

まずは動画をご覧ください!!


【特徴】
●トラベリングデック、ポップアイポッパーデックなどの名前でも親しまれてきた万能テリックデックです。
●アンビシャスカードなどのプロフェッショナルなカードマジックがいとも簡単に出来てしまいます。
●多くのプロマジシャンもフォーシングデックとして使用するなど、応用の広いトリックデックです。
●基本の扱いから今まで発表されていなかった様々な手順を含む全15手順が収録されています。
●2人の観客を相手に行う最強の手順や組み合わせによる一連の手順まで、プロのような演技が出来てしまいます。
●既にお持ちの方ももう一度このトリックデックを使いたくなるようなそんな内容になっています。

【収録内容】
●ミラージュデックの仕組みについて

●ミラージュデックの基本技法について

●とりつかれたカード

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックを混ぜます。
もう一度、1枚のカードを選んでもらうと、先ほどと同じカードなのです。
もう一度カードを返してもらい、デックを混ぜます。
今度は裏向きの状態で好きな所からカードを持ち上げてもらいます。
すると、そこから選んだカードが出て来ます。
逆にデックを表向きで行ってもやはり、選んだカードが出てきます。

●アンビシャスカード・1

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックの中程に入れます。
ここで、一番上のカードが違うカードあることを確認します。
おまじないをかけると、選んだカードが一番上から出てきます。
今度はこのカードを一番下に入れます。
しかし、再び一番上から出てきます。

●アンビシャスカード・2

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックの中程に入れます。
ここで、一番上のカードが違うカードあることを確認します。
おまじないをかけると、選んだカードが一番上から出てきます。
もう一度、このカードを中程に入れて、一番上のカードを示します。
そして、このカードをデックの一番下に入れます。
おまじないをかけると、一番下に入れたカードが一番上から出てきて、最初に選んだカードが一番下から現れます。

●アンビシャスカード・3

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックの中程に入れます。
ここで、一番上のカードが違うカードあることを確認します。
おまじないをかけると、選んだカードが一番上から出てきます。
もう一度やってみましょうと言い、違うカードを選んでもらいます。
しかし、やはり上から上がってきてしまいます。

●驚異のセカンドディール

一番上のカードを撮ったように見せて2枚目のカードを抜き取ると言う高等技術のデモンストレーションです。
一番上と2枚目のカードを示します。
一番上のカードをデックのボトムに入れますが、一番下には最初に示した2枚目のカードがあり、一番上には最初に示した一番上のカードかあります。
つまり、一番上のカードを抜いたと見せかけて、2枚目のカードを抜いて対高等技術だったと説明します。
何度も繰り返して示します。

●ストップトリック

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックを混ぜます。
ここで、カードを1枚ずつテーブルに配っていきます。
観客には好きな所で「ストップ」を言ってもらいます。
ストップのかかった所のカードが選んだカードです。

●エニーカードエニーナンバー

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックを混ぜます。
ここで、観客に1〜52の間の好きな数字を言ってもらいます。
観客の言った数字の枚数目で選んだカードが出てきます。
確実に言った数字から出てくる完璧な方法です。

●フライングカード

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックを混ぜます。
カードケースを取り出して、観客によく調べてもらいます。
関係のない1枚のカードを示して、カードケースの中にこのように移動するマジックをご覧いただきますと説明します。
そして、おまじないをかけて、カードケースを開けてもらいます。
すると、観客の選んだカードがケースの中から出てくるのです。

●Xマーク

カードを表向きに広げて示し、全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。
このカードを抜き出して、テーブルに置きます。
残ったカードの表と裏をよく示します。
観客の選んだカードの裏を見ると、大きく?印が描かれているのです。

●サッカープリディクション・1

まず、予言の書かれた紙が入った封筒をテーブルに出します。
青裏のカードを表向きに広げて示し、全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。
このカードを抜き出して、テーブルに置きます。
予言の紙を出して読むと「あなたは赤いカードを選ぶ」と書いてあります。
観客は選んだカードの裏を見ると、なんと赤裏のカードです。
もちろん、残りのカードは全て青裏のカードです。

●サッカープリディクション・2

まず、予言のカードが入った封筒をテーブルに出します。
次にデックを表向きに広げて示し、1枚のカードを選んでもらいます。
選ばれたカードをテーブルに裏向きにして出します。
ここで、封筒から予言のカードを取り出します。
すると、選んだカードではありません。
しかし、テーブルに出した選んだカードを確認すると、予言のカードと一致しているのです。

●ブラインドタッチ

観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックを混ぜます。
デックをハンカチでカバーします。
マジシャンは観客の選んだカードを見えない状況で抜き出して当てると言います。
そして、ハンカチの下に手を入れて1枚のカードを取り出してきます。
これが、観客の選んだカードです。

●フォーシングデックとしての使い方

このデックのもう1つの有効な使い方としてフォーシングデックとしての使用方法です。
様々なフォースの方法を解説しています。

●あなたの選んだカード

まず、予言のカードが入った封筒をテーブルに出します。
次にデックから1枚のカードを選んでもらいます。
選ばれたカードをテーブルに裏向きにして出します。
ここで、封筒から予言のカードを取り出します。
マジシャンは予言のカードがあなたの選んだカードだったら凄いですよねと言います。
予言のカードを確認すると、「あなたの選んだカード」と書いてあります。
これは冗談ですと言い、カードをひっくり返すと、選んだカードと一致しているのです。

●パーフェクトマッチ

赤と青の2つのデックを使います。
まず、赤裏のデックから1枚のカードを選んでもらいます。
次に青裏のデックを観客に渡して、裏向きで配っていってもらい、好きな所で止めてもらいます。
止まった所に最初に選んだ赤裏のカードを乗せて、残りのカードを重ねます。
デックを広げて赤と青の隣り合ったカードを取り出します。
この2枚のカードが完璧に一致しています。

●全て同じカードに見せる方法

演技のオチに使えます。
種明かしをしましょうと言い、実は同じカードがいっぱいあったのですと言い、選んだカードがたくさんあることを示します。
さらには全てが選んだカードになってしまいます。
しかし、一瞬でまた元の普通のデックに戻ってしまいます。

●2人の観客で行うプロ手順

まず、1人目の観客に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを返してもらい、デックを混ぜます。
もう一度、1枚のカードを選んでもらうと、先ほどと同じカードなのです。
もう一度カードを返してもらい、デックを混ぜます。
今度は別の観客に1枚のカードを選んでもらいます。
すると、最初の観客の選んだカードとは違うカードです。
ここで、観客同士指をくっ付けてもらいます。
そして、くっつけた指でもう一度カードを選んでもらうと、最初の観客と同じカードを選んでしまいます。
今度は人差し指と親指をくっ付けてもらってから、裏向きの状態で好きな所からカードを持ち上げてもらいます。
すると、そこから選んだカードが出て来ます。
逆にデックを表向きで行ってもやはり、選んだカードが出てきます。
この手順はプロが実際に行っている最強の手順と言えます。
いつどこでやっても観客から悲鳴があがるほどウケます!

●アンビシャスカードルーティーン

前半に解説した手順を組み合わせて1つの手順にしました。
演技の参考にして下さい。

●手順の一例

解説した手順をいくつか組み合わせた1つの完成した手順の例です。

●スピリットデックについて

ミラージュデックを斜めに半分に切ったトリックデックの名作です。
2人の観客に半分に切られたカードがそれぞれ1枚ずつカードを選んでもらいます。
この2枚のカードがぴたりと一致してカードもぴったりと合うのです。
おまけとして、解説しています。

※ 商品内容:日本語解説DVD(約1時間33分)。

※ タイムラグによる品切れの際はご了承ください。

最近チェックした商品

カテゴリから探す


タグから探す

おすすめ商品

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル